安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする脱毛機を大調査
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » 脱毛エステ・サロン経営の成功ポイント » 脱毛サロンの開業までの流れと開業のコツ

脱毛サロンの開業までの流れと開業のコツ

脱毛サロン経営を成功させるためには、開業までの準備が欠かせません。そこでこの記事では、脱毛サロンはどのような流れで開業するのか、そして開業するために大切なコンセプトづくりと黒字経営のコツについてお話します。

脱毛サロンの開業までの流れ

  1. お店のコンセプトづくり
  2. コンセプトをもとに、事業計画書を作成
  3. サロン物件・内装業者を探して、顧客ニーズを捉えた空間をつくる
  4. 必要に応じて融資の手続きを行う(開業資金は少なくとも300万円は必要)
  5. 物件の内装工事の施工
  6. 備品・機材の設置
  7. 必要な書類を届け出る
  8. 販促準備・告知活動
  9. 開業

上記の流れでサロン開業に至ります。開業するにあたって必須資格はありませんが、脱毛機材の使い方やアフターケアを誤れば、大切なお客様との間でトラブルが発生してしまうことは必然です。

そのため専門学校や有名サロンで働くなど、必要な技術や知識を習得することは重要事項といえます。

【重要】脱毛サロン開業時のコンセプトづくり

明確なコンセプトをつくることで、新規顧客はもちろん、リピーターの獲得にも繋がります。

コンセプトづくりではメインターゲットとオリジナリティが大切です。メインターゲットを定めておくことで、開業後の経営方針にブレがなく、信頼感の強い運営が可能になります。その結果、安定した顧客獲得へと繋がるのです。

また、オリジナリティとは他店との差別化です。大手サロンや開業エリアの競合店舗とは違ったサービスを提案することで、「ここにしかないサービス」というお得感を演出できます。

脱毛サロン開業の手続きについて

「個人事業の開廃業等届出書」の提出が必要となります。これは開業から1ヶ月以内に開業地域を管轄する税務署に、郵送か持参にて届け出なくてはいけません。

さらに、青色申告を希望する場合は「青色申告承認申請書」の提出も必要です。青色申告は、税金に対して特別控除が受けられるなど、経営するうえでのメリットが大きいので、節税効果を望む方にオススメです。

【黒字経営のコツ】脱毛サロン開業時の業務用脱毛器の導入が大事

価格競争が激しい脱毛サロン業界。価格設定が黒字経営のカギとなります。そこで施術価格を設定する際には、コスパの良い業務用脱毛器の導入を考慮することが大切です。

スキンケアメニュー搭載の業務用脱毛器は、フェイシャルエステやバストアップコースなど、メニューの拡大に役立ちますし、簡単な使用方法さえ学べば誰にでも使いこなせるので、新人教育の手間も省けます。

つまり、豊富なメニューをリーズナブルな価格で施術が可能になり、さらに教育にかかる時間を省略することで、よりきめ細やかなサービスを提供することができるのです。円滑なサロン経営を実現するために、開業に伴い業務用脱毛器の導入は欠かせない要素といえるでしょう。

導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表
導入にかかる費用って?脱毛機簡易比較表