安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする脱毛機を大調査
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » 脱毛エステ・サロン経営の成功ポイント » メリットデメリットから見る脱毛サロンの集客とは

メリットデメリットから見る脱毛サロンの集客とは

脱毛サロンの経営で最もポイントとなるのが集客力です。個人経営の脱毛サロンの場合は、大手のような戦略とは異なる方法で集客を伸ばしていくことが成功の秘訣です。こちらでは、大手の脱毛サロンと個人経営のメリット・デメリットや、個人経営ならではの集客方法をお伝えします。

大手サロンのメリット・デメリット

大手の脱毛サロンの最大のメリットは、価格競争に強いこと。大手サロンは、莫大な広告費をかけて、全国的な大規模キャンペーンを展開し、集客をしているため、低価格での施術が可能になります。サロンの立地も、駅が近いビルの中など、好条件の場所が多く、通いやすいことも特長です。

大手ならではのデメリットとして、お客様が予約が取りにくいことや、全国的なマニュアルがあるため、お客様に合わせた対応が臨機応変にできないといったケースがあります。また、大手は施術のたびにスタッフが変わるサロンが多く、毎回同じ担当者から施術を受けたい人にとっては抵抗があるようです。

個人経営のメリット・デメリット

個人経営の脱毛サロンのメリットは、地域に密着したサロンを目指せること。大手サロンのマニュアル型の接客が苦手だったり、スタッフと近い距離で施術を受けることを望むお客様に選ばれる傾向があります。

個人経営のサロンは、マンツーマンだからこそ、お客様へのホスピタリティを上げることができますし、もし直接施術ができないことがあっても、お客様との距離感の近さから、アフターフォローに力を入れることでサロン離れを食い止めることができます。

個人経営の脱毛サロンは、大手サロン出身の実績があるスタッフが独立しているケースが多く、確かな技術力と手厚いホスピタリティが魅力です。大手のような営業ノルマがないため勧誘が少ないことや、お客様が予約が取りやすいこともメリットといえるでしょう。

また、個人経営であれば、全国の相場にとらわれず、エリアを絞った価格戦略を練ることが可能ですし、お客様のニーズに合わせた施術を適正価格で提供することができます。そのためには、コスパのよい脱毛機を選ぶことも、経営上大事な戦略となります。

個人サロンのデメリットは、店舗数が少なく、価格がやや高めなこと、検索をしても口コミなどの情報が見つけにくく、脱毛サロンを比較する際の検討材料が少ないことが挙げられます。

個人経営はWeb集客がポイント

個人経営のメリットを生かすためには、Web集客を上手に活用することがポイントです。Yahoo!やgoogleなどの検索エンジンを検索して、HPにたどり着くお客様も多いため、SEO対策による集客方法が必要です。

検索エンジンは、ユーザーに役立つ情報を上位に表示するため、サロンのHPを作り、お客様に役立つ情報を発信しましょう。 手軽に発信したい場合は、InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSを活用することもおすすめです。1対1でコミュニケーションが取りやすいツールであり、ユーザーが情報を拡散してくれれば口コミによる集客も期待できます。

導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表
導入にかかる費用って?脱毛機簡易比較表