安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » コスパが高い業務用脱毛機ランキング33

コスパが高い業務用脱毛機ランキング33

新機種が次々と開発され、高機能・低コスト化が進む業務用脱毛機。ここでは、高い脱毛効果を持つと評判の業務用脱毛機をピックアップして「導入コスト(本体価格)」と「ランニングコスト(1ショットあたり価格)」などで一覧比較しました。また機種別に、特徴概要もまとめていますので、あわせて参考にしてください。

人気の業務用脱毛機コスト早見表

コストを考えるうえで重要なポイントは、「導入コスト」だけではなく、「ランニングコスト」にも注目すること。稼働すればするほど増加する「ランニングコスト」は、収益に大きく影響します。よく吟味したうえで選びましょう。
※下記は体験デモと導入前研修を行ってくれるメーカーの中で、保証年数の記載があり、1ショットあたりのランニングコストが安い順に紹介しています。(2021年5月時点の調査情報)

機種名 導入コスト
(本体価格)
ランニングコスト
(1ショットあたり価格)
総ショット数
(ランプ寿命)
CLEAR/SP-ef

引用元:NBS(http://www.clear-sp.com/)
公式サイトを見る
208万円 0.18円 100万発
CUBE DUO

引用元:CUBE DUO(http://eclaine.com/)
公式サイトを見る
138万円 ~0.46円 30万発
フェニックス

引用元:株式会社クレイズ(https://crays.jp/phoenix/)
公式サイトを見る
468万円 0.49円 20万発
ウェルテクス

引用元:株式会社リッシュプラス(https://www.riche.co.jp/products/vertex/)
公式サイトを見る
記載なし 0.32円 30万発
ルミクス-A9

引用元:株式会社エストラボ(https://est-pro.co.jp/apparatus/list/lumix_a9/)
公式サイトを見る
470万円 0.1円 100万発
バイマッハ

引用元:レナード株式会社(https://lenard.jp/bymach_new/)
公式サイトを見る
記載なし 記載なし 記載なし
ルネッサンスGT-R

引用元:株式会社コンフォートジャパン(https://renaissance-gt.jp/product/gtr/)
公式サイトを見る
390万円 0.4円~ 記載なし

総評

以上の表からコスパが高い業務用脱毛機について評価をしていきます。

まずは、導入する上で最もコストパフォーマンスが良いのがCLEAR/SP-ef、CUBE DUOとなります。他の会社が200万円代から500万円台と高価格の中で唯一本体価格100万円代となります。売り上げを伸ばすまでは初期費用は極力抑えたいというところが導入する側の導入時の本心となるかと思いますので、導入時のコストが抑えられるというのは、かなりプラス要素が大きいのではないでしょうか。

さらに経営していく上で着目したいランニングコスト。

こちらを見ていくとルミクス・ツインがワンショット0.1円と群を抜いてコストパフォーマンスが良いという結果となっています。その次にランニングコストが良いのが、先ほど本体価格が低価格であったCLEAR/SP-efのワンショット0.18円となります。

この比較だけ見ると、導入コストが安い上にワンショットのコストも安く抑えられるCLEAR/SP-efが経営上最も良い脱毛機と思えるかもしれません。

しかし、脱毛機それぞれに価格以上の特徴があります。特徴の詳細については後述していきますが、例えばCLEAR/SP-efは音が静か、コンパクト、軽いといったあくまで経営者目線で多くのメリットがあります。初めは経営者目線で多くのメリットがある方が収益につながるかもしれませんが、年月を重ね、リピート率という面まで考えていくと、顧客目線で考えたほうが収益が上がってくることが考えられます。そうなってくると、表の中では〇あるいは△マークがつき、一見するとコストパフォーマンスが悪いと思われる脱毛機の方が、長い目で見てコストパフォーマンスが良くなってくる可能性があります。

例えば、導入価格に△がついているもののランニング価格や総ショット数で◎がついているルミクス・ツインにおいてはスピーディーに全身脱毛が可能であり、どの毛周期においても施術ができるという特徴があります。

また、全体の評価で◎はなく、ごくごく平均値を出しているLIGHENCEであっても毛周期に左右されずにケアが行え、エネルギーの放出量を最小限にしているため、日焼け肌など従来の脱毛機では敬遠されてきた肌質の方にも施術を行うことができます。

したがって、導入時のコストが高くても長い目で見れば収益を上げられる脱毛機もあるため、経営開始時の資本金と折り合いをつけて脱毛機を選ぶと良いでしょう。長い目で集めたい顧客像とリピート率を換算し、さらには上記の表を活用した上で脱毛機を選ぶことをおすすめします。

業務用脱毛機の特徴概要をチェック

ピックアップした業務用脱毛機の特徴をまとめました。

前述したように脱毛機には導入コストやワンショットのコストだけでなく魅力的な特徴がたくさんあります。このまとめを参考に自分が求めている、自分の経営理念に適している脱毛機をぜひ見つけてみてください。

また、主な脱毛機の体験デモ調査結果をまとめたレポートもありますので、興味のある人はチェックしてください。

聴く!試す!業務用脱毛機 体験デモ調査結果レポート >>

業務用脱毛機の選び方

コストを考えるうえで重要なポイントは、「初期費用」だけではなく、「ランニングコスト」にも注目することです。

できる限り初期費用を抑えたいという感覚は通常ですが、最初は安く抑えられても、後々の「ランニングコスト」が多くかかってきて、最終的にトータルで見ると結構な金額を払う羽目に陥っているというケースも多々あります。

つまり稼働すればするほど増加する「ランニングコスト」は、収益に大きく影響します。よく吟味したうえで選びましょう。

サロンに合った機器はどれ?業務用脱毛機一覧

エアクールフラッシュ

リッシュプラス 引用元:https://www.riche.co.jp/

日本人の毛質・肌質に合わせた業務用脱毛器

メーカーの独自研究・独自開発により、日本人の毛質と肌質に合わせて作られた業務用脱毛器。波長・パルス幅は15段階まで設定が可能なので、産毛から脱毛まで幅広いタイプの脱毛が可能です。メンズヒゲモードもあり。

ヤケドのリスクが少ない安全な光

ハンドピースから照射される光は、特殊なフィルターを使用した安全レンズを通過。ヤケドの心配はほとんどありません。何より、クオリティの高い国産ランプを使用しているので、安全性も脱毛効果も安定的です。

エステティシャンの使い勝手を考慮したデザイン

一日中、休みなく施術を行うこともあるエステティシャンのため、本体は軽くて持ちやすい仕様を追求。長時間の使用による操作ミスなども予防するため、操作性も非常にシンプルです。まさにエステティシャン思いの脱毛器。

本体価格 不明
ランプ交換費用 不明
ランニングコスト 1ショットあたり1.9円(100万ショットあたり1,900,000円)
照射間隔 不明
エステメニュー フラッシュ脱毛、フェイシャル、フェイシャル、フェイシャル
保証期間 5年

エアクールフラッシュについて詳しく見る

エピアスV

エピアスV
画像引用元:株式会社 エピアスジャパン公式HP
http://www.epiace.jp

エピアスシリーズで最速のマシン

多くの脱毛サロンで人気のエピアスシリーズですが、それらの中でもエピアスVは、施術スピード最速を誇るマシン。ハンドピースの面積拡大により、以前にも増して施術がスピード化されました。顧客回転率に貢献する期待大!

1台で6種類のメニューに対応可能

スピーディな脱毛に加えて、ニーズが拡大中のメンズひげ脱毛や産毛脱毛、フェイシャルケアなど、1台で6種類のメニューに対応。モードの切り替えも簡単なので、新人エステティシャンでも無理なく使いこなすことができます。

期間無制限のアフターケア

国内はもとより、海外の厳しい基準を満たすほどの安全性とクオリティの高さが自慢のエピアスV。加えて、期間無制限のアフターケアも約束しているので、万が一のマシントラブルが生じても、修理コストを心配する必要はありません。

本体価格 450万円
ランプ交換費用 200,000円
ランニングコスト 1ショットあたり1円
照射間隔 1秒あたり1~3発
エステメニュー 脱毛、フォトフェイシャル
保証期間 1年

エピアスVについて詳しく見る

シルキーライトII

シルキーライト
画像引用元:ワールドジャパン株式会社公式HP
https://esthekiki.com

安定的な品質と機能性で人気の定番シリーズ

脱毛業界、エステ業界の方ならば、大半の方がご存知のシルキーライトシリーズ。安定的な品質と機能性が高く評価され、すでに1,000台以上の販売実績を持つ人気の脱毛マシンです。美顔やバストケアにも対応。

難しいとされている産毛の脱毛にも対応

シルキーライトの従来器に搭載されているシングルパルスやマルチパルスの機能をそのままに、シルキーライトⅡでは、新たにグラデーションパルスを採用。肌への負担を最小限に抑えながら、難しいとされている産毛の脱毛も可能となりました。

ムラなくスピーディな施術が可能

他の多くのマシンとは異なり、シルキーライトⅡではジェルが不要なので塗りムラがありません。またハンドピースの照射面積が大きいことからスピーディな脱毛が可能。顧客回転率にも大きく貢献することでしょう。

本体価格 560万円
ランプ交換費用 不明
ランニングコスト -
照射間隔 不明
エステメニュー 美容ライト脱毛、フォト美顔、バスト、整肌
保証期間 1年

シルキーライトIIについて詳しく見る

フェニックス

レナード 引用元:http://lenard.jp/

最速0.1秒に1発のスピード照射

フェニックスの最大の特徴は、最速0.1秒に1発という驚異的な照射スピード。広範囲の脱毛でも効率的に進めることができるため、顧客にもエステティシャンにもストレスがありません。時間あたりの売上向上も期待できるでしょう。

脱毛以外にも様々な効果が期待できる

フェニックスで採用されている光は、脱毛効果のほかにも様々な美容効果が期待できる高周波タイプの光。定期的に施術を受けていれば、少しずつシミやシワ、たるみ、赤ら顔、ニキビ跡などが緩和されていくことでしょう。

痛みをほとんど感じない冷却装置

摂氏0℃以下の霜降りヘッドで肌を冷やしながら施術するため、お客さんは光による痛みを感じることがほとんどありません。痛みに弱い方、デリケートゾーンの脱毛を希望する方でも、不安なく施術を受けることができるでしょう。

本体価格 480万円
ランプ交換費用 9.8万円(20万ショット)
ランニングコスト 1ショットあたり0.49円(100万ショットあたり490,000円)
照射間隔 1秒あたり1~10発
エステメニュー 脱毛、ヒゲ脱毛、フェイシャル
保証期間 1年

フェニックスについて詳しく見る

ルネッサンスGT-R

コンフォートジャパン 引用元:https://renaissance-gt.jp/

多くの脱毛サロンで導入されている信頼のシリーズ

ルネッサンスGT-Rは、多くの脱毛サロンやエステサロンで採用されてきた「ルネッサンス」シリーズのハイスペック版。純国産の脱毛器としては、国内でも屈指の導入件数と施術実績を持つ信頼のマシンです。

様々な層の様々な美容ニーズに対応

成人女性の脱毛はもちろんのこと、メンズやキッズ、シニアなどの脱毛にも問題なく対応できるルネッサンスGT-R。脱毛だけではなく、フェイシャルやバスト、ボディなど幅広い美容ニーズに応えられる点もルネッサンスGT-Rの魅力です。

万が一のマシントラブルにスピーディに対応

万が一、マシンが故障するなどのトラブルが生じた場合には、営業への影響を最小限に抑えられるようスピーディに対応。PL保険にも加入しているため、ドクターサポートが必要な事態では賠償保険で対応できます。

本体価格 390万円(税別)
ランプ交換費用 不明
ランニングコスト 1ショットあたり、0.4円~
照射間隔 1秒あたり1~2発
エステメニュー 全身脱毛、フェイシャルトリートメント、バストケア、ボディケア
保証期間 3年

ルネッサンスGT-Rについて詳しく見る

ルミクス-A9

エストラボ 引用元:https://est-pro.co.jp/

コスパ良好!1ショット0.1円のフラッシュ光線

脱毛器のフラッシュ光線は消耗品。効率的な経営を考えるためには、フラッシュ光線1発あたりの単価も考慮しなければなりません。ルミクス-A9は、1発0.1円というコスパ良好なフラッシュ光線を実現。原価率を抑えて利益率を上げる、オーナー思いのマシンです。

1秒間で最大10ショットのスピード脱毛

フラッシュが照射されるスピードは1秒間に最大10ショット。サロンでの一般的な脱毛器に比べ、実に10倍ものスピードでの脱毛が可能となりました。これまで2時間ほどかかっていた全身脱毛が約12分で終了!

痛みがなく高い効果が期待できるSHR方式の脱毛器

「毛根の黒い色素に反応させて脱毛をする」という一般的なメカニズムではなく、「温かい熱を少しずつ毛包に浸透させて脱毛する」という新しいメカニズムに基づく脱毛器。痛みがほとんどないうえ、白髪や産毛、金髪、日焼け肌などでも問題なく脱毛が可能です。

本体価格 470万円
ランプ交換費用 10万(100万ショット)
ランニングコスト 1ショットあたり0.1円(100万ショットあたり100,000円)
照射間隔 1秒あたり10発
エステメニュー 全身脱毛、光フェイシャル、スキンケア、バストアップ
保証期間 1年(延長保証あり)

ルミクス-A9について詳しく見る

CLEAR/SP-ef

NBS 引用元:https://www.csp-ef.jp/

1秒に6照射のスピーディな脱毛器

マシンの価格がリーズナブルなCLEAR/SP-efですが、決して機能面で妥協しているわけではありません。特に注目すべきは、1秒間に6照射というスピード感。時間のかかる全身脱毛でも約20分で終了します。

お客さんと自然な会話ができるほどの静音設計

業務用脱毛器とは思えないようなコンパクトデザインに加え、お客さんとの自然な会話ができるほどの静音設計も特徴。一般的な従来器とは異なり、お客さんの反応や意志などを正確に理解し、迅速に対応することができます。

医療機関が安全性を確認済み

CLEAR/SP-efの開発にあたっては、大学病院の協力のもと、毛根や毛乳頭にダメージや以上がないかどうかの検査を実施。マシンが安全であることを約束するデータや証明書が公開されているので、お客さんもエステティシャンも安心です。

本体価格 208万円
ランプ交換費用 18.8万円(100万ショット)
ランニングコスト 1ショットあたり0.18円(100万ショットあたり188,000円)
照射間隔 1秒間に6連射
エステメニュー 脱毛・フォトフェイシャル・バストアップ・赤ら顔・シミ
保証期間 2年

CLEAR/SP-efについて詳しく見る

CUBE DUO

CUBEDUO
画像引用元:株式会社エクレーヌ公式HP
https://eclaine.jp

導入コストの安さではトップクラス!

CUBE DUOの最大の魅力は、1台138万円という導入コストの安さ。数ある脱毛器の中でも、トップクラスの低価格を誇るマシンです。耐久性の高さも特徴の脱毛器なので、トータルでのコスパは極めて良好。

メンズヒゲ脱毛にもキッズ脱毛にも対応可能

成人女性の全身脱毛などはもとより、モードを切り替えることでメンズヒゲ脱毛やキッズ脱毛にも対応が可能。お客さんとの信頼関係が構築されれば、パートナーやお子様の来店にもつなげることができます。

無理なく持ち運べるので出張エステにも使える

脱毛器本体はセパレートタイプで無理なく持ち運べることから、出張エステの依頼先にも持参が可能。シミやシワなどの総合的な美容効果も期待できるため、オーナーの工夫次第で幅広い営業スタイルを追求することができるでしょう。

本体価格 138万円
ランプ交換費用 13.8万(30万~100万ショット)
ランニングコスト 1ショットあたり0.13~0.46円(100万ショットあたり130,000~460,000円
照射間隔 1秒あたり2~3発
エステメニュー 全身脱毛、ヒゲ脱毛、キッズ脱毛、フェイシャル
保証期間 1年

CUBE DUOについて詳しく見る

GSD h150ws

グローバルエームズ 引用元:https://global-a.jp/

お客さんに合わせた最適な状態に自動設定される

ハンドピーステストの結果に応じ、お客さん一人ひとりに合わせた最適なマシンの状態が自動的に設定される仕組み。エステティシャンの経験に左右されない、安定的なパフォーマンスを約束してくれる脱毛器です。

脱毛以外の様々な美容効果も期待できる

脱毛効果をメインに、他にも様々な美容効果が期待できるGSD h150ws。ニキビや赤ら顔、シミ、くすみ、バストアップなど、1台だけで多くのメニューを設定できるので、導入後のコストパフォーマンスはかなり良好でしょう。

タッチパネル方式のシンプルな操作性

手元のタッチパネルを触るだけでモード変更などができるシンプルな操作性なので、機械の操作に不慣れなエステティシャンでもスムーズに使いこなすことが可能。持ちやすい形状のハンドピースなので、長時間の施術でも疲れません。

本体価格 300万円 ※価格は問い合わせ下さい
ランプ交換費用 13.8万(30万ショット)
ランニングコスト 1ショットあたり0.46円(100万ショットあたり460,000円)
照射間隔 不明
エステメニュー 脱毛、フェイシャル、バストアップ
保証期間 1年

GSD h150wsについて詳しく見る

LIGHENCE2

WAARMラボラトリー 引用元:https://waarm-lab.com/

業界最安値水準の本体価格136万円

ハイスペックであるにも関わらずリーズナブルな価格で話題のLIGHENCE2。本体価格は実に136万円と、業界最安値水準のリーズナブルな価格です。初期コストを抑えつつ事業展開したいオーナーにとって、必見のマシンの一つになることでしょう。

産毛や日焼け肌、金髪、白髪でも脱毛可能

毛根の黒い部分に反応して光が照射される従来型の脱毛器とは異なり、弱いエネルギーをじわじわと浸透させるタイプ(OPT方式)の脱毛器。脱毛が難しいとされてきた産毛や日焼け肌、金髪、白髪でも、LIGHENCE2なら脱毛が可能です。

数時間の研修でデビューできるほどシンプルな操作性

シンプルな操作性が特徴のLIGHENCE2。わずか数時間の研修・技術講習を受けるだけで、誰でも一定水準の操作ができるようになります。エステ業界の新人も即戦力として稼働させることが可能。

本体価格 136万円
ランプ交換費用 不明
ランニングコスト 1ショットあたり0.2円
照射間隔 1秒あたり10ショット
エステメニュー 脱毛、フェイシャル、リフトアップ
保証期間 1年

>LIGHENCE2について詳しく見る

RIOXY

グローバルサイエンス 引用元:https://www.globalscience.jp/

「バルジ領域」にダメージを与える新しい脱毛理論

毛根全体を熱のパワーで焼いてしまう従来の脱毛理論とは異なり、毛を作り出すベースとなる「バルジ領域」に対してピンポイントでダメージを与える脱毛理論。産毛にも剛毛にも、極めて高い効果を発揮するという新しい理論で作られた脱毛器です。

毛周期とは無関係に施術が可能

「バルジ領域」にダメージを与える脱毛理論では、従来の脱毛理論における「毛周期に合わせた施術」が必要ありません。1ヶ月に1回のペースで施術を受けることもできるので、脱毛にかかる期間は従来の1/2~1/3に短縮されます。顧客回転率に大きく貢献。

光フェイシャル効果も期待できる

RIOXYには光フェイシャル機能も搭載されているので、1台あれば、様々なメニューを設定することが可能。ニキビ、ホワイトニング、シワ、シミ、赤ら顔、たるみ、バストなど、とても幅広い美容効果の期待できる理想的なマシンです。

本体価格 350万円
ランプ交換費用 24万(40万ショット)
ランニングコスト 1ショットあたり0.6円(100万ショットあたり600,000円)
照射間隔 1秒あたり10発
エステメニュー 脱毛(減毛、除毛)、フェイシャル、バストケア
保証期間 1年

RIOXYについて詳しく見る

Lutella

滝川 引用元:https://www.takigawa.co.jp/

脱毛モードとフェイシャルモードの2機能を搭載

8段階の切り替えができる脱毛モードと、5段階の切り替えができるフェイシャルモードを搭載したLutella。それぞれの段階を適切に切り替えることで、幅広いタイプの脱毛やフェイシャルサービスを提供することができます。

人気のヒゲ脱毛にも対応が可能

ここ数年で人気がじわじわと拡大してきた男性のヒゲ脱毛。8段階あるLutellaの脱毛モードの中から高出力を選べば、男性のヒゲ脱毛にも効果を発揮します。客層拡大を狙うサロンオーナーの強い味方になることでしょう。

簡単な操作性と安全のための自動機能

モード切替などの操作は、基本的にシンプルなタッチパネル方式。万が一のための緊急停止スイッチなど、安全のための自動機能も搭載されているので、経験の少ないエステティシャンにも安心して施術を任せることができます。

本体価格 不明
ランプ交換費用 13.9万(7万~15万ショット)
ランニングコスト 1ショットあたり0.93円(100万ショットあたり930,000円)※ライト脱毛モード(ヒゲ脱毛の場合)
照射間隔 ルテラ 1.5~3.5s
ルテラ ラピッド 0.5秒~2.5秒
ルテラ エピ 0.7~3.5s
エステメニュー 脱毛、フェイシャル、ヒゲ脱毛
保証期間 3年

Lutellaについて詳しく見る

ハイパースキンカレン

ハイパースキンカレン
画像引用元:株式会社 カンナ公式HP
https://esthekiki.com

子供でも無理なく脱毛できる無痛脱毛器

「痛みを伴わない世界でただ一つの脱毛器」を謳うハイパースキンカレン。照射温度が36度とぬるま湯程度なので、ヤケドや痛みはもちろんのこと、熱さとも無縁の無痛脱毛器です。子供でも無理なく脱毛できると話題のマシン。

自然に毛を薄くしていく減毛モード

ハイパースキンカレンに搭載されている減毛モードを使えば、「これから生えようとする毛の種」を消滅させることが可能。対象となる部位のムダ毛を、少しずつ自然に減らしていくことが可能です。

アンチエイジング効果が期待できるフェイシャルモード

機能をフェイシャルモードに切り替えると、様々なアンチエイジング効果を狙うことが可能。色素沈着やシミ、そばかす、ニキビ、たるみなどのほか、肌内部のコラーゲン生成を促すことでツルプルの若々しい肌を目指すことができます。

本体価格 555万円
ランプ交換費用 不明
ランニングコスト 不明
照射間隔 不明
エステメニュー 脱毛、フェイシャル
保証期間 不明

ハイパースキンカレンについて詳しく見る

ピーエスクリプトン

ウィズ・アス 引用元:https://www.withus-corp.jp/

エステ業界最高峰とも言われる高性能マシン

ピーエスクリプトンは、医療用機器の開発を手掛けているDEKA社(イタリア)のテクノロジーを駆使して生まれた美容機器。1台650万円と高額ながら、高い制毛効果やフェイシャルケア、バストトリートメント効果などが期待できる高性能マシンとして知られています。

ジェルを浸透させて毛の成長を抑制

毛根に熱のダメージを与えるという従来の脱毛理論とは異なり、ピーエスクリプトンでは、制毛効果のあるジェルをマシンの力で徐々に浸透させるという新しい脱毛理論を採用。美容効果も得られるジェルが、マシンの力で少しずつ肌へと染み込んでいきます。

営業面でのアフターフォローも充実

マシンのメンテナンスはもちろんのこと、メーカーでは、導入店へのアフターサービスとして営業面でのフォローも行っています。新規顧客の獲得法はもちろんのこと、顧客がリピーター化する詳細なノウハウを伝授。初期投資は大きいものの、早期での回収を目指すことができるでしょう。

本体価格 650万円
ランプ交換費用 不明
ランニングコスト 不明
照射間隔 不明
エステメニュー 制毛、フェイシャル、バストトリートメント
保証期間 不明

ピーエスクリプトンについて詳しく見る

ウォーターライトオプティマックス

アイズプランニング 引用元:http://www.is-planning.jp/

様々なタイプのムダ毛に対応する3種類の波長

ウォーターライトオプティマックスが照射可能な波長の範囲は400~980nm。モードを変えることで、この範囲内から3種類の波長を選択することができます。波長の幅が広いことから、産毛やヒゲなど様々なタイプのムダ毛を脱毛することが可能。

2度打ちがほとんどいらないのでコスパは良好

ウォーターライトオプティマックスの1ショット当たりの単価は1.58円。他の一般的な脱毛器に比べてやや高めですが、2度打ちの必要がほとんどないマシンなので、結果としてコスパは良好。照射面積も広いので、逆にトータルコストを下げることもできます。

エステ初心者でも独立可能な初期講習

ウォーターライトオプティマックスの本体価格は198万円ですが、実はこの価格の中に、マシンの「導入講習費」が含まれています。講習を受ければマシンを使えるようになるため、施術経験の少ないエステティシャンでも、マシンの導入と一緒にサロン経営を始めることが可能。

本体価格 198万円
ランプ交換費用 95,000円
ランニングコスト 不明
照射間隔 不明
エステメニュー 脱毛、光フェイシャル、バストトリートメント
保証期間 1年間

ウォーターライトオプティマックスについて詳しく見る

プラズマモーラ

モアシステム 引用元:http://www.more-system.jp/index.html

安全性を重視した2段階スイッチ

脱毛サロンの運営で最も重要なことは、何よりも安全性。まずはこの安全性を担保するため、プラズマモーラでは、足元にフットスイッチ、ハンドピースに照射スイッチという2段階スイッチシステムを採用しています。2つのスイッチを同時に押さない限り光が照射されない、という究極の安全設計です。

2種類のフィルターで肌にやさしい脱毛を実現

プラズマモーラのハンドピースに搭載されているフィルターは、波長の調整フィルターと冷却水が流れる水フィルターの2種類。毛質に合わせて波長フィルター調整を行うとともに、有害な波長をカットする水フィルターが肌にやさしい脱毛を実現します。

4ヶ月契約の「ランプ打ち放題プラン」を用意

業務用脱毛器を導入する際、オーナーとして特に気になるのが1ショットの単価です。プラズマモーラのメーカーでは、単価を気にせずにマシンを導入してほしいとの思いから、4ヶ月契約の「ランプ打ち放題プラン」を用意。回転率に自信のあるサロンは、ぜひ契約を前向きに考えてみたいですね。

本体価格 不明
ランプ交換費用 不明
ランニングコスト 不明
照射間隔 最大1.8秒
エステメニュー 脱毛、光フェイシャル(オプション)
保証期間 1年

プラズマモーラについて詳しく見る

バイマッハ

バイマッハ公式HP
レナード株式会社公式HP
引用元:http://lenard.jp/bes/

照射間隔が0.1秒!約15分で全身脱毛が終了

導入したサロンのうち、実に92.3%が売上を伸ばしたという実績のあるバイマッハ。その秘密の一つが、照射間隔0.1秒という超スピード施術にありそうです。全身脱毛を約15分で終了させるスピード脱毛は、顧客回転率を大きく改善させることでしょう。

イオン導入の同時施術が可能

脱毛を行う一方で、イオン導入を同時施術することが可能です。イオン導入とは、美白や引き締め、保湿などの高い効果が期待できる美容施術。脱毛とあわせてイオン導入を受けることで、真珠のような白くてツヤツヤのお肌を手に入れられるかもしれません。

体験デモや1週間無料レンタルなどを用意

導入を検討しているサロンオーナーに向け、メーカーでは、プラズマモーラの体験デモや1週間無料レンタルなどの制度を用意。全国どこからの依頼でも、専門スタッフが直接現地まで赴き、懇切丁寧にマシンの使い方を指導してくれるとのことです。

本体価格 不明
ランプ交換費用 原価
ランニングコスト 不明
照射間隔 約0.1秒
全身脱毛を15分程度で完了
エステメニュー 脱毛/ブラックピーリング/バストアップ
保証期間 機器5年 / ワンイヤー返品保証制度 /経営サポート半永久的に無料

バイマッハについて詳しく見る

シナジーライト

シナジーライト
画像引用元:株式会社ケーズスタイル公式HP
http://www.ks-style.biz/equipment/synergylight/index.html

IPLとRFで脱毛のシナジー効果を狙う

シナジーライトから照射される光は、IPLとRFの2種類。メラニンをターゲットにする光がIPLで、毛の周囲組織をターゲットにする光がRFです。性質の異なる光を同時に照射することで、まさに脱毛のシナジー効果を狙うマシン。

波長を調整すれば幅広い美容メニューに対応可能

シナジーライトの光学フィルターを差し替えて波長を変更すれば、それぞれの波長に応じた様々な美容効果を狙うことが可能。シナジーライト1台だけで、シミ・シワなどの各種フェイシャルメニューやバストメニューに対応することができます。

ダブル冷却機能で肌のダメージを最小限に抑える

シナジーライトに搭載されている冷却機能は、「水冷方式」と「セミコンダクター(半導体)冷却」の2種類。脱毛する際、ダブルの冷却機能を同時に働かせることで、肌のダメージを最小限に抑え込みます。施術時の痛みも大幅に緩和。

本体価格 不明不明
ランプ交換費用 不明
ランニングコスト 不明
照射間隔 不明(サイクルは2s~4s)
エステメニュー 脱毛、減毛、エイジングケア、美肌ケア、フェイシャルトリートメント、バストトリートメント等
保証期間 不明

シナジーライトについて詳しく見る

導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表
導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表