安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする脱毛機を大調査
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » 脱毛エステ・サロン経営の成功ポイント » 脱毛サロンの差別化戦略とは

脱毛サロンの差別化戦略とは

日本の美容業界全体の40%超が脱毛市場と言われています。医療機器を使用しない脱毛エステサロンは比較的簡単に開業できるとあって、毎年数千件ものエステサロンが誕生しています。

競合が数多く存在する中で、自らの脱毛サロンが経営を安定させるためには、ほかのサロンとは違う「うちにしかない」付加価値を作り出すことが最も重要です。「やっぱりここのサロンじゃないと」と、多くのお客様に選ばれるようになるためにどのような戦略があるかを解説していきます。

脱毛メニューで差別化する

脱毛方法にこだわる

一口にエステ脱毛と言っても、オーソドックスなIPL(光脱毛)をはじめ、SSC脱毛やSHR脱毛など、近年では様々な方式による脱毛方法があります。

脱毛料金はもちろん、施術時の痛みの少なさや、一度に行える脱毛範囲の広さ、一度の施術にかかる時間、脱毛に通えるペースの違いなど、それぞれの方法にメリットもデメリットもあるため、それぞれの特徴をよく確かめたうえで、どのような脱毛を提供するか決定すると良いでしょう。

「他ではできない」特別なケア

近年では10代のお子様や男性にも脱毛ニーズが高まってきています。特に10代の女の子の脱毛ケアはまだ対応できるサロンが少ないため、デリケートな肌にも施術を行える機器を導入することで差別化を図れます。

男性向けの脱毛を検討する場合は、連続照射しても出力が落ちないような脱毛機器を使用すると効果にばらつきが出ず、満足度が高くなるようです。また、光フェイシャルやまつげケアなど、ほかの美容メニューも提供できるような付加価値があるとより高い集客効果が見込めます。

通いやすさで差別化する

実際にサロンに通う方の立場に立ってみると、サロンを選ぶ際に意外と重要なのが、ちょっとした「使い勝手の良さ」です。自宅や会社の近くにあったり、駅からのアクセスが良い、車を停めやすい駐車場がある、買い物などのついでに寄りやすいなど、サロンを構える際の場所選びはとても重要です。

また、営業時間を工夫することで会社帰りなどにも通いやすくなったり、WEBサイトから24時間予約できるようなシステムがあれば利用しやすいでしょう。

1回の施術時間が短い脱毛機器を導入することで、お客さんの回転率が上がり、1日にたくさんの予約を受けることができるようにもなります。自分のサロンが想定しているターゲット層のライフスタイルを思い浮かべて、それらに寄り添えるような営業体制を検討してみるのも一案です。

安全、安心度で差別化する

脱毛エステサロンに通い始める際、「もし肌にトラブルが起きたらどうしよう」という不安は常に付きまとうもの。サロンがこれらの不安に対しあらかじめしっかりと対応策を準備しておくことで、多くの人が安心して決断することができます。

そのためには、万が一トラブルが起きた時に診察を受けられる医療機関との協力体制や、ドクターズコスメなど肌に負担を与えにくいケア用品の導入、何かあった際の補償制度などが一般的です。

さらに、サロンスタッフの接客力も重要です。丁寧なカウンセリングや施術時の対応、無理な勧誘は行わないなどの対応はリピーター獲得に欠かせないといっても過言ではありません。これらはサロンの経営体制や、スタッフへの教育体制で比較的容易に改善でき、また結果にもつながりやすいポイントと言えます。

知名度・目に留まりやすさで差別化する

近年で最も重要なPR方法はやはりWEBを使った集客です。SNSやYoutubeを使用したWEB集客は特に人気が高く、うまくいけば一気にたくさんのお客さんが集まります。

サロンのWEBサイトが検索上位に上がってきやすいようなSEO対策や、メディア掲載のチャンスなどがあれば積極的に行っていくことで、知名度も上がりやすくなります。たくさんの人に「どこかで見たことある」という意識があると、安心して来店してもらいやすくなるためです。

導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表
導入にかかる費用って?脱毛機簡易比較表