安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする脱毛機を大調査
かかるコストがひと目でわかる!
業務用脱毛機 簡易比較表
比較検討する
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » 脱毛エステ・サロン経営の成功ポイント » 【番外編】セルフ脱毛サロンを開業する場合

【番外編】セルフ脱毛サロンを開業する場合

セルフ脱毛サロンとは

脱毛サロンを開業する場合の選択肢の一つとして「セルフ脱毛サロン」があります。セルフ脱毛サロンとは、自身で脱毛機器を使用して施術できるサロンのこと。通常の脱毛サロンではスタッフが施術してくれますが、セルフサロンではこの作業を自分で行います。

個室と機器が用意されていて、一般的なサロンと同じく事前に会員になったり予約をしたりすることで利用可能です。もし施術中に困ったことがあればすぐスタッフを呼べるようになっています。

セルフ脱毛サロンのメリット

メリットは、一般的な脱毛サロンより安い費用で脱毛ができること。ただし脱毛にかかる回数には個人差があり、思ったより費用がかかる可能性も考えられるため注意しましょう。

また、セルフ脱毛は自身で施術を行うのでスタッフに自分の体を見られる心配がありません。スタッフを気にしなくてよく、自分が好きなタイミングで行えることもメリットと言えます。

セルフ脱毛サロンのデメリット

セルフ脱毛はすべて自身で行う必要があるため面倒が多く、手間がかかります。機械の使い方や安全性についても理解していなければなりません。

また、手が届かないところや見えないところはキレイに脱毛することが難しいのもデメリットのひとつです。通常のサロン脱毛のような仕上がりにならない可能性があることは覚えておきましょう。

もし脱毛でケガしたら?サロン向け賠償責任保険をチェック

通常の脱毛サロンとの違い

一般的な脱毛サロンとの大きな違いは、自身で施術する必要があるということです。すべてを自分でやる面倒はありますが、脱毛する部位が決められていないためやりたい部位を選んで施術することが可能です。

料金は、通った分を月額で支払う定額制のサロンがほとんど。脱毛サロンでは回数によって料金が決まりますが、セルフサロンでは部位数ではなく時間制で料金が決められています。

脱毛サロンでコストを抑えるための対策とは

セルフ脱毛サロンで集客すべき顧客は?

もしセルフ脱毛サロンの開業を検討しているのであれば、集客するべき顧客を選別すべきです。セルフサロンは、安い料金で気軽に利用したい人や、体を他人に見られたくない人、自由に施術範囲を決めたい人などに向いています。

料金が高かったり体を見られるのが嫌だったりなどの理由から、脱毛を避けてきたユーザーを集めるのが良いでしょう。

脱毛サロンでメリット・デメリットを押さえて集客するには

導入にかかる費用って?
業務用脱毛機 簡易比較表
比較検討する
かかるコストがひと目でわかる!
業務用脱毛機 簡易比較表
比較検討する