安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » コスパが高い業務用脱毛機ランキング12 » シャトル21

シャトル21

業務用脱毛機「シャトル21」の特徴や体験デモ情報をはじめ、気になるコスパや費用をまとめています。

シャトル21の特徴

全身脱毛を最短わずか12分の施術を実現した高機能業務用脱毛機。メーカー直販でしか取り扱いされていないため代理店手数料が発生せず、機材価格を安く購入できことから多くのサロンで取り入れられています。マイナス5℃の冷却器が2つ搭載されており、効率的に熱を逃がすため『壊れにくい業務用脱毛機』とも言われています。

痛みの少ない施術方法で利用者の負担が少ない

医療脱毛機には、主に光(フラッシュ)方式・IPL(インテスパルスライト)方式などが採用されています。シャトル21の脱毛方式は、SHR(スーパーヘアーリムーバル)方式と呼ばれるものです。これは毛を作る毛包全体に直接熱を与える施術方法で、痛みを感じないと言われています。毛周期に関係なく施術可能であるため、毎月コンスタントに施術ができます。また、肌トラブルの心配がないため敏感肌や肌の弱い人でも安心して脱毛ができます。冷却ジェルで冷やさず連続照射が可能で、利用者に痛み・不快感を与えず脱毛可能。さらに、エステでもよく採用されているラジオ波も一緒に照射するため、脱毛をしながらキメ細かい肌に仕上げることも期待できます。痛みや負担が少ないのに、脱毛効果の実感力が高いことも魅力の1つです。個人差はあるものの、1回の照射で毛が抜けていることを実感する人が多いそうです。

1回の全身脱毛がわずか最短12分で完了

全身脱毛は1回の施術時間が約2時間と、かなりの時間を必要とします。サロンによっては全身脱毛1回分の照射を、2~3ヶ月に細かく分けて施術するところもあります。シャトル21は、約12~15分と短時間での施術を実現。従来の脱毛機と比べて、約8倍も早いスピードで脱毛ができます。脱毛は毛周期や肌の状態を考慮しながら施術をするため、全身脱毛完了まで約2~3年かかります。

シャトル21はSHR(スーパーヘアーリムーバル)方式を採用しているため、毛周期に関係なく施術が可能。毎月定期的に照射できるため、最短6ヶ月で全身脱毛が完了します。夏の露出が多い時期に間に合わせたい人や、結婚式を控えたブライダルエステなど、顧客ニーズに合わせてスピーディーかつキレイな施術を実現。施術時間の短さや最速脱毛を売りにして、会社の昼休みを利用したプランを提案するなど、豊富なメニューを打ち出して顧客獲得を実現しているサロンもあります。

メラニン色素が少ない金髪やデリケートなパーツも脱毛可能

レーザー脱毛はメラニン色素に反応するフラッシュを使用し、黒い部分に熱を与えることで毛根細胞を破壊します。従来の脱毛機では金髪や産毛などの色素の薄い毛には反応しにくいため、あまり効果を実感できませんでした。シャトル21はメラニン色素ではなく、毛を作る毛包全体にアプローチする業務用脱毛機です。そのため、メラニン色素が弱いムダ毛にもしっかり反応。うなじや顔の産毛などの細かくデリケートなパーツもキレイに脱毛ができます。色素に反応しないため、シミ・ほくろ・乳輪周りなどのパーツの脱毛が可能。真夏でも日焼けを気にせず全身脱毛ができることにも注目されています。
 

体験デモ

公式サイトに体験デモに関する記載はありませんでした。

アフターフォロー

シャトル21は『故障しにくい業務用脱毛機』と呼ばれるほど品質が高い人気の機材ですが、1年間の保証期間付なので安心して購入できます。継続して保証してもらいたいときは、延長も可能です。千葉・宮崎の2箇所にメンテナンス工場があり、もし修理が必要なときでもすぐに対応できるようになっています。また独自サービスとして、北海道・東北・東京・大阪・福岡・沖縄エリアに大型展開をしているサロンに、最大5台のシャトル21を無償提供しています。(ただし購入台数による)機材を多く購入する場合、かなり低コストでシャトル21を導入できます。購入したら終わりではなく、その後のメンテナンスやアフターフォロー体制が充実していることから「品質の良い業務用脱毛機が長く使える」と、購入者からはかなり定評があるそうです。

DATA

本体価格 要問い合わせ
ランプ交換費用 10万円
ランニングコスト 1照射0.46円
照射間隔 約2秒に1発
エステメニュー 記載なし
保証期間 1年(延長可)
導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表
導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表