安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » 脱毛エステ・サロン経営の成功ポイント » 価格はわかりやすくする

価格はわかりやすくする

脱毛エステ・サロン経営を成功させるために大切なことのひとつに、わかりやすい価格表示をすると言うことがあります。わかりやすい価格にする理由と価格の決め方について解説します。

価格をわかりやすくするとなぜいいの?

価格がわかりやすいことで、信頼感が高まります。はっきりした価格表示がないと、請求額が多くなるのではないかと疑われてしまいます。なんとなく入りづらく、入店を躊躇してしまうのです。基本的には、最新式の業務用脱毛器を設置していれば、どのサロンにするかは価格で選ぶのが普通ですよね。全身脱毛単発でしたらいくらになるのか、コースですと、何回でいくらになるのかを明確にしておけば、その値段によってサロンを選んでくれます。反対に価格が不明瞭ですと、選択肢の中から外されてしまう可能性もあります。

どのくらいの価格に設定しよう?

経営者としてはどのくらいの値段にするか迷うところです。人気サロンは月額固定制をとっているところが多く、安いサロンは、月額6,800円からあり、平均的なところが月額7,500円からです。高いサロンでは、9,500円というところもあります。ただし、9,500円のサロンは完全個室になっています。施術は個室かどうか、何ヶ所の部位を脱毛するか、飲み物の出し方などで、同じ値段でも高く感じたり、安く感じたりするものです。

お得感のある値段設定にする

コースの値段設定もいくつかのサロンを見て「お得感」のある値段設定にします。必ずしも安いという必要はないのです。メニューの豊富さや施術部位の多さ、雰囲気などから、お得だとお客様が感じることが大事です。注意して欲しいのは、「お得感」を感じる値段設定というのは安くするということではありません。一般的に20%程度の値引きでは、安いとは感じないと心理学的に実証されています。

例えば、650円のものを550円にしても安くなったとあまり感じない人が多いようです。その一方で、98円までなら買おうと思っているアイテムが100円になった途端に50%の人が購買意欲を失うという結果も出ています。

これを「大台割れ価格」の効果といいます。このふたつの心理的現象を使ってお得だなと感じてもらえる価格設定を、収益面とバランスを取りながらしていき、メニューにはっきりと価格を表示するようにしましょう。

参考

導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表
導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表