安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » 脱毛エステ・サロン経営の成功ポイント » サロン向け賠償責任保険と補償内容について

サロン向け賠償責任保険と補償内容について

サロン向け賠償責任保険とは

万が一の事故が起きてしまい、相手に怪我をさせたり物を壊してしまったりした場合は損害賠償責任が生じます。損害賠償責任によって相手に賠償金などを支払った場合、その費用を補償する保険が賠償責任保険です。

賠償責任保険には色々な種類があり、代表的なのが事故による賠償責任を補償する自動車賠償責任保険(自賠責保険)です。同じようにサロンの経営時に起きてしまった事故の損害賠償を補償するのが、サロン向け賠償責任保険です。

サロン向け賠償責任保険の内容について

具体的にどんな事故や状況に対してサロン向け賠償責任保険が適応されるのか、具体的な事故の例と共に補償内容について見てみましょう。

施設所有(管理)者賠償責任保険

サロンの施術行為が原因の事故によってお客様の身体や物品に損害が出た場合の施術事故に対する賠償責任損害を補償します。

施設所有(管理)者賠償責任保険

サロンの店舗内で発生した事故で、お客様の身体や物品に損害が出た場合の店舗管理事故に対する賠償責任損害を補償します。

生産物賠償責任保険(PL補償)

サロンの店舗で販売した物品によってお客様の身体や物品に損害が出た場合の賠償責任損害を補償します。

受託者賠償責任保険

サロンの店舗で一時的に預かっていたお客様の物品に対して、紛失や盗難などの損害が出た場合の賠償責任損害を補償します。

借家人賠償責任・修理費用特約など

保険の対象となっている店舗そのもの、商品や設備が火事や盗難にあった時にサロンの建物のオーナーに対する修理費用などの賠償責任損害を補償します。

事業活動総合保険・休業損害補償条項など

火災や水濡れ事故などによって、サロンを休業しなければいけない時の損失を補償します。


施術中の事故だけでなく、火災や盗難などの被害に合った時にも場合によってはサロン経営者側に賠償責任が発生します。開業準備の一つとして、万が一の時に備え、サロン向け賠償責任保険に加入しておきましょう。

参考:美容業の振興指針

導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表
導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表