安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » 【脱毛方式別】脱毛機の種類と特徴 » SHR脱毛

SHR脱毛

女性の足

SHR方式脱毛のメカニズムや効果、採用している主な業務用脱毛機などを解説しています。

SHR脱毛のメカニズム

SHR脱毛方式とは、毛包をターゲットに熱を連続で与えて蓄熱し、毛を再生しにくくする脱毛方式のこと。これまでに主流だった、「IPL方式」や「S.S.C.方式」では対応できなかった、シミ、ホクロ、黒い肌(日焼け肌)や、うぶ毛、日焼け肌でも脱毛できるということもあり、“次世代の脱毛”といわれるほど注目されている方法です。

また、これまでの脱毛方式では、高い効果を得るために出力を上げると、やけどなの危険性がつきものでしたが、SHR脱毛方式では分割された弱い出力で連射するため、効果と安全性が確保しやすくなっています。

SHR脱毛の特徴

SHR方式を採用している脱毛機の特徴については、毛周期の影響を受けないという点が挙げられます。

SHR脱毛はIPL方式やS.S.C.方式などの脱毛方法とは脱毛するメカニズムが異なります。

毛のサイクルは主に以下の4段階があります。

  1. 休止期
  2. 成長前期
  3. 成長後期
  4. 退行期

IPL方式やS.S.C.方式では、このうち成長前期から退行期の毛根のみにダメージを与えます。一方SHR方式は、毛根の周りにある毛包に熱を加えてダメージを与えます。このため、SHR方式を採用した脱毛機器では毛周期に関わらず脱毛を行うことができます。

SHR方式は熱量が弱いため1回の施術中に往復照射が必要になります。また、完全に熱が加わりきるまでに時間がかかるため、脱毛が完了するまでに長い期間を必要とします。

施術後はお肌に熱がこもるため、施術のサイクルは最低3週間程度。お肌の熱が引くまでは個人差があるため、次に施術を受ける期間は異なります。「事前に話を聞いていたのと違う」と言われないように、しっかりとお客様の肌の状態を確認しましょう。

メリット・デメリット

SHR方式のメリットは痛みが少ないという点。これまでに脱毛したことがないという方(新規顧客)へのリーチもしやすいのではと思います。

またIPL方式、レーザー方式よりも一回の照射コストが低いため施術金額を安く設定できる傾向があります。

レーザーの照射ではなく弱い熱でアプローチするため火傷のリスクが低いというのも、サロン経営では強みとなる特徴です。脱毛サロンを経営するうえでは、程度は異なりますが火傷の発生リスクは必ず考えなければいけません。厚生労働省でも、無資格による脱毛サロンでの治療により火傷が発生していることに注意喚起しているほどです。[注1]

サロン利用者は脱毛の危険性として火傷を気にしていることを考えておかなければいけません。

デメリットとしては、機械の導入が高額な傾向にあることです。のちほどご紹介するルミクスツインであれば約470万円、ライエンスならば約330万円という価格です。

こんなサロンにおすすめ

SHR方式は下記のサロンにおすすめといえます。

採用している主な脱毛機と概要

ルミクス・ツイン

高速連射の脱毛機。性別・肌色・毛の密度・毛の色・毛の太さと、細かい設定で個々に合わせた脱毛ができるのが特徴です。また、取り扱っているメーカー(株式会社エストラボ)のサイトによると、導入しているサロンの満足度が94.8%と高く、1ショットあたり、0.1円と業界最安値の設定。

導入後は、サロンの開業や経営のノウハウを無料で支援してくれたり、購入一年間の保証のほか、メンテナンスの延長保証が設けられていたりと、サロンを経営するうえでのバックアップ体制が整っていることも挙げられます。

>>ルミクス・ツイン

LIGHENCE(ライエンス)

高速連射式脱毛機。全身脱毛がわずか15分で完了といった、ハイスピード施術が可能。1カ月に2回の施術が推奨されています。こちらも取り扱っているメーカー(WAARMラボラトリー)のサイトを見ると、導入前にはスタッフがサロンまで持っていき、実際に機器を利用しての施術を体験できるとのこと。

導入前に実際に手に取って性能を確認できるといった点では、安心できるのではないでしょうか。さらに、年々バージョンアップを繰り返しているようで、最新のものでは秒間最大10連射、ワンショット0.2円の「脱毛機械(ライエンスII)」が紹介されています。

>>LIGHENCE(ライエンス)

[注1]厚生労働省:健康被害等に関する情報の提供と的確な対応[pdf]

導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表
導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表