安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » 【脱毛方式別】脱毛機の種類と特徴 » IPL脱毛

IPL脱毛

IPL脱毛のメカニズムや効果、採用している主な業務用脱毛機などを解説しています。

IPL脱毛のメカニズム

IPL脱毛のイメージ

IPL脱毛とは、基本的にはジェルを使用しない、インテンスパルスライト(Intense Pulse Light)という特殊な光を使う脱毛方法。

ただ、連射式の場合では、その滑りをよくするためにジェルを使用することもあります。

黒色のメラニン色素に反応し、毛根を発熱させてたんぱく質に熱変化。これが成長する力を低下させ、減毛させていきます。

医療レーザー脱毛と基本的には同じ原理ですが、その出力は医療レーザーよりも低く、高い出力設定ができないようにされています。また、レーザーは直線状の強い光線ですが、IPLは複数波長を持つ混合光で拡散光。安全性も高いものとなっているのです。

このIPLは、一部のクリニックでも使われています。より脱毛効果を高くする為に、RF(光高周波)と組み合わせて使うことが多いようです。

複数波長のIPLと1つの波長のレーザーとの効果の違い

レーザー治療とIPL治療は同じ原理ではあるものの、光の波長が異なっています。

光の波長は、その波の長さによって作用を起こす場所や色などが異なってきます。

例えば皮膚はいくつかの層にわかれていて

  1. 表皮
  2. 真皮
  3. 皮下組織

とありますが、ターゲットを表皮にするときと真皮にするときで、求められる波長は異なるのです。

その性質を利用して、皮下組織の黒い毛に作用を起こす、ひとつの波長を治療に用いるのがレーザー治療です。[注1]

一方IPLは単独ではなく複数の波長が含まれています。そのためレーザー脱毛とは異なり複数をターゲットとすることができるので、皮膚の層だけでなく複数の症状の改善が期待できるのです。

実際IPLは脱毛だけでなく、色素性病変や血管性病変、などの美容皮膚治療にも用いられている施術です。[注2]

メリットは美肌への期待

IPLの最大のメリットとしては上記に記載したように、脱毛以外にも美容への効果が期待できることです。脱毛だけでなく肌の老化が気になってきた方や、ニキビを治したいなど肌トラブルに悩んでいる方におすすめできる脱毛の施術方法です。

さらに光の波長やパルス幅という照射条件を組み合わせて調整することができるので、個人個人に合わせた細かい対応をすることも可能です。

脱毛以外にも美容に関しての悩みがいくつかある場合、複数の施術を行わないといけないのが一般的ですが、それがIPLの一種類の施術だけで済んでしまうこともあります。

また照射威力はレーザーに比べると穏やかなので、行ったあとに色素沈着が発症する可能性はかなり低くなっています。ダウンタイムもなく、施術を終えたすぐあとにメイクをすることも可能。

施術の時間が短いのも特徴で、機種によって多少の差はありますが、フラッシュランプを照射するためレーザー脱毛に比べると短い時間で広い範囲に照射することが可能です。[注2]

レーザーと同様のデメリットもあり

デメリットとしてはレーザー治療と同様ですが、まず多少の痛みがあります。痛みといっても強いものではなく麻酔が必要ない程度の痛みです。

それから複数の波長で皮膚の浅い部分や深い部分まで広範囲に届けることができるとは言え、黒い色素に反応するため、白い毛や色素の薄い毛にはあまり効果がありません。

また顔に行う場合には目に光が入らないようにアイプロテクターなどをつけて行う必要があり、まぶたには照射できないというデメリットもあります。

脱毛効果

ワキ脱毛のイメージ

メラニン色素に反応してダメージを与えることからも、ワキやVIOといった濃くて太い毛には効果的に力を発揮します。

逆に、メラニン色素が薄くて細い産毛などには、あまりその効果を実感することは難しいといえます。

特に、産毛が集中している背中などは、その機種の性能を大きく試されるのものとなります。

一瞬の照射の間にオンとオフを繰り返すので、皮膚の表面温度が上がりにくく火傷などの心配はなし。照射されている部分はほんのりと温かく、痛みも輪ゴムをはじかれた程度と弱いです。敏感肌の人でも施術可能な、優しい脱毛です。

ただし皮膚が弱く敏感な人だと多少皮膚が赤くなってしまったり、肌が熱をもった感じになることもあります。ですがこれらの症状は照射をしたあとに冷やすと1時間もせずに治まります。

5回以上の施術で大きな効果が現れる

1回の治療で効果を感じる人も多いですが、一般的には5回以上受けることでより大きな効果が現れると言われています。

ただし、早く脱毛を終わらせたいからと言ってあまり間隔を空けずに治療を受けても、まだIPLの光に反応する次の毛がじゅうぶんに育っていない場合が多いので、ある程度の間隔を空けて施術を受けるのが効果的でしょう。

治療を受ける頻度としては3週間~2ヶ月ほどの間隔で行うことを推奨している病院が多くなっています。

その他の効果

IPLは、もともとは赤ら顔やニキビ跡、毛穴の引き締め、くすみの改善などの美容目的で使われていたものですから、脱毛と同時に美肌効果が期待できます。

採用している主な脱毛機と概要

シワについては深いシワやたるみには効果が薄いようですが、浅いシワには向いているようです。

美肌効果が期待できる理由としては、散乱性をもつパルス光が肌にわずかな損傷を与え、その損傷回復過程でコラーゲンが増生される作用が報告されているためです。[注2]

IPL照射により多少の傷みが発生するのもこの損傷によるものですが、肌の再生力を高めるための一時的なものと考えることができます。

オムニスR

IPLとRF(ラジオ波脱毛)を組み合わせた脱毛機。水を使った冷却エンジンで照射間隔が1秒、特殊はクリスタルを使用した光源フィルターで高い出力の照射が可能です。

エピアスEX-R

国産の脱毛&フェイシャル両用機。火傷の心配がない範囲での最大値によるエネルギー照射ができるように開発。日本人の肌質に適した光源を使っている、安全性の高いモデルです。

>>エピアスEX-R

ルネッサンスGT-R

脱毛以外にもフェイシャル、バストアップ、セルライト除去とできる機種。すべて同じハンドピースでできるので便利で楽。保証期間が3年間と長くPL保険にも加入しているので、万が一のトラブルにも安心です。

[注1]脱毛の知恵袋(日本医学脱毛協会):レーザー脱毛のメカニズム

[注2]日本レーザー医学会:Intense Pulsed Lightによる美容皮膚治療[pdf]

導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表
導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表