安全・安心でコスパよし! 顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査
顧客満足度をUPする業務用脱毛機を大調査 » 【脱毛方式別】脱毛機の種類と特徴

【脱毛方式別】脱毛機の種類と特徴

脱毛機と言っても、その種類はさまざまです。脱毛方法は、従来のメラニン色素をターゲットに高い効果を出すだけでなく、毛周期にこだわることなく脱毛できるもの、時間も短く効率的にできるものと…その技術はどんどん進化。あわせて、定番のIPL脱毛をはじめ、新しい理論からできたNPL脱毛、次世代とも言えるSHR・THR脱毛、そして数は少ないものの特徴ある施術のハイパースキン脱毛と、特徴ある脱毛方法が開発されてきています。それぞれの特徴を把握しておくと、脱毛機を選ぶ際にも役立つでしょう。

IPL脱毛

インテンスパルスライト(Intensive Pulse Light)を略してIPL。キセノンランプを使用した脱毛方式です。もともとフォトフェイシャル治療などの美容目的に使われていた機種ですから、脱毛と同時に美白・美肌効果が期待できます。黒色のメラニン色素に反応して熱を与えて、毛根の成長する力を弱めます。

IPL脱毛について詳しく見る >

NPL脱毛

2000年頃に発見された、バルジ理論に基づいて開発された脱毛方式。従来のメラニン色素にダメージを与えて毛の成長を遅らせるのとは違い、バルジ領域内のムダ毛の発生母地に対して働きかけます。そのため、肌質や色、さらには毛周期にこだわらずに施術することが可能となっています。

NPL脱毛について詳しく見る >

SHR・THR脱毛

SHR方式は、蓄熱式タイプの連射式脱毛。毛周期に関係なく施術が可能で、どんな体毛や肌にも高い脱毛効果を発揮します。
一方、THRはSHRが進化した脱毛機器。肌内部に浸透する光の効果で、よりしっかりと脱毛効果を感じられます。SHRと異なり、連射をしても出力が低下せずに安定しているので、抜け漏れを防ぎ、一度の減毛効果もさらに感じられるようです。美肌効果も期待でき、往復不要で手間なくコストも削減できます。時間もスピーディーで、全身脱毛が20分で終わるものも。安全性も高く、今後、ますます普及していくことが予想されます。

SHR・THR脱毛について詳しく見る >

ハイパースキン脱毛

すでに育っている体毛に対しての効果はありませんが、生える前の状態に対して強力に働きかけていきます。ですから、すぐには効果が見えないけれども、次に生えてくる体毛からは減ってくるのがわかります。また、体温と同じくらいの熱しか発生しないので、顔などの脱毛にも安心して使えます。

ハイパースキン脱毛について詳しく見る >

E-LIGHT脱毛

IPLとRFを組み合わせることによって、肌質・毛質に左右されることなく高い脱毛効果を実現しているE-LIGHT脱毛。これまで脱毛効果が現れにくかった産毛にも十分なダメージを与えることができます。RFが発する高周波エネルギーで肌の深層部にあるコラーゲンの生成を促進させることも可能。アメリカ合衆国の政府機関に安全性と効果が認められているため、安心して導入することができます。

E-LIGHT脱毛について詳しく見る >

SSC方式脱毛

肌を傷つけることなくより効果的で安全な脱毛を実現したSSC方式脱毛。脱毛をする部位に専用のジェルを塗った後に光を照射して、ジェルと光エネルギーの相互作用で脱毛効果を得る脱毛方法です。光エネルギーが直接毛根にダメージを与えることがないため、痛みがほとんどなく安全に脱毛することができます。

SSC方式脱毛について詳しく見る >

発毛予防脱毛法

従来の脱毛方法とは違う、発毛予防脱毛法。発毛の原因に直接作用し、脱毛効果を発揮します。人肌と同じ温度で光を照射するため、火傷の心配がなく、肌トラブルを防ぐことが可能。発毛予防理論に基づいた脱毛方法のため、確実な脱毛効果をもたらします。施術時間の短さや安全性の高さに、多くのお客さんを呼び込めること間違いなしです。

発毛予防脱毛法について詳しく見る >

導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表
導入にかかる費用って?業務用脱毛機簡易比較表